2005年12月26日

ありがとうという言葉が売り上げをアップする

ひすいこたろうさんのメルマガより

竹田製菓のたまごボーロのお話。

竹田製菓のたまごボーロは究極のお菓子なんだそうです。


何が究極かって?

ありがとうを100万回言われてできたお菓子だってこと。


経営者の竹田さん曰く

ありがとうと言われながら作られたお菓子は
言われずに作られたお菓子より
おいしいんだそうです。

-----------以下ひすいさんのメルマガより引用----------------

例えば怒った時にはきだす息を袋に入れて
中に蚊を入れると、その蚊は数分で死んでしまうらしい。
逆にニコニコしてるときの息は
長生きするそうです。

おにぎりでも実験できる。
怒ったときに握ったおにぎりと
ニコニコして握ったおにぎりでは見た目一緒でも
子供はかなりの確率でニコニコにぎりを選ぶ。

素材にこだわるその先には、作ってる人の
ニコニコ度にもこだわる時代がくる。

作ってる人たちの波動がモノに移るからというのが
竹田さんの考えだ。

-------------引用終わり----------------------

竹田さんのすごいところは

なんとなく
「ありがとうといった方が気持ちがいいでしょ?」

というレベルではないこと。


工場では
「ありがとう」と録音されたテープが24時間稼動しています。

社員が「ありがとう」
と言った数に応じて給料がアップ。


きわめて実践的に「ありがとう」の効果を取り入れているのです。

そして実際にこの会社は大儲けし、
経営者である竹田さんは
上場企業百社以上の大株主でもあり
日本一の個人投資家でもある大富豪。

ありがとうを究極的に実践してきた成果が大富豪!

ありがとうっておそろしい言葉かもしれません。
【関連する記事】
posted by stepupブロガー at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。